バランシンググループ組成支援

バランシンググループ組成支援

 需要バランシンググループとは、一つまたは複数の小売電気事業者と送配電会社が一つの託送供給契約を結び、小売電気事業者間で代表契約者を選定するしくみのことです。また、発電バランシンググループとは、一つまたは複数の発電場所が一つの発電量調整供給契約を結び、発電バランシンググループ間で発電契約者を選定するしくみのことです。グループを形成する電力会社全体で同時同量を達成することとなり、グループ規模が大きくなるほどインバランスが生じるリスクが低減することとなります。

 また、代表契約者及び発電契約者から委任された第三者がインバランス料金等の託送料金の精算や送配電会社に対する通告等の役割を代行することにより、電力会社間の情報がお互いに共有されることがなくなると同時に電力会社様の実務負担の軽減を図れます。

 また、需要や電源の規模が大きくなることからインバランス発生に伴う料金負担リスクの低減にもつながります。

バランシンググループ

当社は各電力会社様の電源形態、販売規模、事業目的などの類似点または相違点を整理し、それぞれの電力会社様に適したグルーピングをご提案させて頂きます。