夜間電力の蓄電で電力需給全体を最適化し、調整電源としての機能を最大化するシステム VPP(蓄電)インフラサービス

 昨今、わが国の厳しい電力需給状況下において、再生可能エネルギーは電力会社、とりわけ新規参入者である新電力の貴重な供給源となっており、今後のわが国の低炭素社会・原子力依存度の低減に向けた重要な電源であることは言うまでもありません。

 しかし、一方で、出力が天候等に左右される太陽光発電や風力発電等の、FITによる急速な普及は、送電インフラである電力系統の不安定化問題を顕著化させ、再生可能エネルギーの接続制限をはじめ、出力抑制等、新たなルールの再整備により、再生可能エネルギーを取り巻く環境は不透明さを増してきております。

 こうした状況の中、蓄電池は需給両面での負荷平準化や、スマートグリット社会などの分散型エネルギーインフラにとって重要な技術であり、これをいかに社会に普及させて行くかが、今後、我が国のエネルギーインフラに極めて重要であると考えております。

太陽光発電イメージ

 当社は、こうした背景をふまえ、蓄電インフラの発展に貢献すべく「VPP(蓄電)インフラサービス」を通じ、系統安定化、再エネ普及に貢献することはもとより、新電力様の事業安定化及び需要家の利便性の向上を目指し、現時点から蓄電池の導入を促進し、早い段階で蓄電設備網を構築するとともに、人為的にマーケットを創造することにより、蓄電池のコスト低減化を進めていきたいと考えております。

 本事業を通じ、将来における再生可能エネルギーの円滑な活用、ひいては我が国のCO2 の排出削減に貢献して参ります。

クリーンエネルギーイメージ

VPP(蓄電)インフラサービスの概要

VPP(バーチャル・パワー・プラント)

電力需要のピークを抑えるデマンドレスポンスの考え方に基づき、複数の小規模な発電設備と電力の需要抑制を統合、制御すると同時に、地域間融通などにより電力需給を最適化するしくみのこと。あたかも発電所が需要にあわせ電力を供給することと同等の効果があることから「バーチャル・パワー・プラント」と言われる。

蓄電インフラ制御システム

新電力様の供給地点に蓄電池を設置し、当社が独自開発した「蓄電インフラ制御システム」により、需給管理とあわせてBG全体の本蓄電設備を監視・制御いたします。これにより、VPPに必要な、需要側負荷制御を実現し、電力需給全体を最適化するための調整電源としての機能を最大化します。

施工・設置

蓄電機器の提案から施工・設置まで当社がフルターンサポート

監視・管理・保守

設置後の運用はもとより、機器の監視から管理まで当社が行ないますので新電力様の業務負荷を最小限に抑制できます。また、万が一、機器トラブル・故障が発生した場合は、提携会社またはメーカーと連携しているので安心です。

VPPインフラのしくみ

VPPインフラのしくみ図

VPPインフラサービススキーム

VPPインフラサービススキーム図

小売電気事業者におけるメリット

  • BGメンバーが設置した蓄電池の充放電の制御を当社が一括して行なうことにより、BG間での蓄電力量の融通が容易に行なえるようになり、個別の新電力様の蓄電池設置容量に制約されない需給調整が可能になります。(調達コストの低減=インバランスリスクの低減)また、昼間に蓄電力量に余裕があれば、市場売りにて利益を最大化することも可能です。
  • 小売営業にあたっての商材としてお使いいただけます。例えば電力と本サービスとのセット提案や、蓄電池に利用におけるピークシフトメニューの開発など、様々な営業戦力及び販売戦略にご活用いただけます。
  • 本サービスによって需要側のピークシフトが実施されることから、本サービスの利用だけで、需要側の料金低減が見込まれることにより、契約料金単価そのものをプライシングする現在の一般的な提案手法に過度に依存しない体制を構築できます。
小売電気事業者におけるメリット図

顧客需要家におけるメリット

  • ピークシフトによる夜間電力の有効利用により、電気料金の低減を図れます。
  • 停電時の非常用電源としてご活用いただけます。
  • 太陽光発電設備と併用することで、自産自消比率を高め、より効果的な再エネ消費が図れます。
  • 本サービスをご利用いただくことで、需要家様の設備投資コストが低減します。
顧客需要家におけるメリット図