平成28年4月 VPP蓄電インフラサービスの提供を開始します。

当社は小売電気事業者様のインバランスリスクの低減や、多様なサービス商材の提供を目的に、VPP蓄電インフラサービスの提供を開始いたします。
本サービスは蓄電池と電力需要のピークを抑えるデマンドレスポンスの考え方に基づき、複数の再生可能エネルギー発電設備と電力の需要抑制を統合し、蓄電池の遠隔制御を行うことにより電力需給の最適化を図るサービスです。

具体的には小売電気事業者様の供給地点に蓄電池を設置し、当社が独自開発した「蓄電インフラ制御システム」により、当社が代行する需給管理とあわせてBG全体の本蓄電設備を監視・制御いたします。これにより、VPPに必要な、需要側負荷制御を実現し、電力需給全体を最適化するための調整電源としての機能を最大化します。

当社は、蓄電インフラの発展に貢献すべく「VPP(蓄電)インフラサービス」を通じ、系統安定化、再エネ普及に貢献することはもとより、小売電気事業者様の事業安定化及び需要家の利便性の向上を目指すと同時に、人為的にマーケットを創造し、蓄電池のコスト低減化を進めていきたいと考えております。

本事業を通じ、将来における再生可能エネルギーの円滑な活用、ひいては我が国のCO2の排出削減に貢献して参ります。

お知らせの記事一覧

弊社事業のご紹介

バックオフィス支援

バックオフィス支援業務

新電力事業を新規に立ち上げる方
開始されている方へ

自治体新電力のご提案

自治体新電力のご提案

自治体の皆様へ

バランシンググループ

パワーシェアリングの
バランシンググループ

インバランス発生のリスクやコストを削減!