公益財団法人東京都環境公社 様 業務受託のお知らせ

 この度、パワーシェアリング株式会社(以下「当社」という)は、公益財団法人東京都環境公社【小売電気事業者登録番号A0296 】(東京都墨田区、以下「公社」という)と業務受託契約(新電力BPO)を締結し、2019年10月より、地域で発電された再生可能エネルギー由来の電気(以下「FIT電気)という)の、エリア間送電サービスを開始します。

 公社は、快適な都市環境の創造と持続可能な都市東京、及びスマートエネルギー都市の実現に貢献すべく、2016年7月より、再エネ由来FIT電力普及促進モデル事業として、太陽光発電とバイオマス発電由来のFIT電気を公社施設等に供給し、FIT電気率90%を目指しています。
 なお、FIT電気のうち、バイオマス発電由来の電気については、宮城県気仙沼市に所在する発電所から調達し、間接オークション制度を用いて、発電所を特定した形でエリアを跨いで、東北エリアから東京エリアへと送電され、公社施設へ供給されます。
 こうした取り組みにより、再生可能エネルギー由来の電気を率先して選択するモデルを示します。

 当社は、小売電気事業運営に必須となる間接部門業務の受託専業会社として、需給管理や料金算定等の業務サービスを中心に、経済性・利便性・効率を兼ね備えたサービスの提供に努めて参ります。
 今後も、発電管理・発電料金算定といった新規サービスの提供や、電力トラッキング機能等のシステム開発を通じ、環境価値を重視した取り組みに貢献します。

(敬称略)

※間接オークション制度とは、エリアを跨いで電力取引を行うとき、日本卸電力取引所のスポット市場を介する仕組みのことで、2018年10月より開始されました。

お知らせの記事一覧

弊社事業のご紹介

バックオフィス支援

バックオフィス支援業務

新電力事業を新規に立ち上げる方
開始されている方へ

自治体新電力のご提案

自治体新電力のご提案

自治体の皆様へ

バランシンググループ

パワーシェアリングの
バランシンググループ

インバランス発生のリスクやコストを削減!