新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた当社の措置の状況

令和2年4月9日
パワーシェアリング株式会社
代表取締役 八木 敏之

①罹患者発生前の対策

(1)社員への対策措置内容

 1.全社員への注意喚起およびコロナウイルス情報等の共有
 2.咳のエチケット(マスクの常時着用、手洗い・うがいの励行の徹底)
 3.不急の出張および集合会議の自粛(電話会議・Web 会議の活用)
  ※止むを得ず対面する場合はマスク着用し社会的距離の確保を遵守する
 4.体調不良の場合については出社させず自宅等での安静・療養に努め、発熱が続くなど
  感染が疑われる場合は、帰国者・接触者相談センターに連絡のうえ専門医療機関への受診
 5.海外渡航の原則禁止
 6.海外からの帰国者に対し、帰国日から2 週間、自宅待機を命ずる

(2)職場環境への対策措置内容

 1.ビル入館時・職場入室時等における消毒薬および洗面所へのうがい薬等の配置
 2.空気清浄機の設置や換気を心掛け、消毒薬などの衛生用品を配備
 3.ドアノブやエレベータボタンの消毒等、必要に応じた特別清掃などの実施


②罹患者発生後の対策

社員の感染が確認された場合は、医療機関等に隔離し治療に専念させてまいります。
オフィス内は、管轄の保健所等の指示に基づき消毒作業を実施します。消毒期間中のオペ
レーション業務を速やかにリモートワークへ切り替え、通常業務に支障無きよう努めてま
いります。

社員感染が認められず、同居家族等が罹患した場合については、濃厚接触の可能性が非常
に高いことから、自治体や保健所等の指示に基づき、医療機関等で受診・検査させるとと
もに、一定期間(潜伏期間)のテレワーク(在宅勤務)の活用・自宅待機等を命ずるなど
必要な措置を実施してまいります。

お知らせの記事一覧

弊社事業のご紹介

バックオフィス支援

バックオフィス支援業務

新電力事業を新規に立ち上げる方
開始されている方へ

自治体新電力のご提案

自治体新電力のご提案

自治体の皆様へ

バランシンググループ

パワーシェアリングの
バランシンググループ

インバランス発生のリスクやコストを削減!